「ガンでした」‥退院後初の外来受診

TOSHIE

2015年8月6日

この日は広島に原爆が落とされてからちょうど70年目という日

そして
甲子園の高校野球も100周年記念大会の開会式

待ち時間は両方の様子をテレビを見て過ごしました

呼ばれて診察室へ、

まず横になって傷の具合をみせて、普通に椅子にすわり、いたって普通のはずだったのですが

「実は、癌でした。ステージ2。取っておいてよかったですね」と、先生はサラリとおっしゃいました

私、はぁ (・_・;? って感じ   

W(`0`)W  じゃあ、
私はこれから何をしたらいいんだ~‼︎
                           (↑ 治療という意味です)
って思いだけで、

泣いたり、取り乱したりはなかったですね

ステージ2がどういうものなのか? とか
ガンに種類みたいなものがあるのか? とか
訊ねる知識も全くなかったのでした。

「今日で最後と思って来られたでしょうが、長いおつき合いになるかもしれません」と、先生。

その時は、はぁ‥って答えた‥かな?

後になって

定期検査に通い続けて20年‼️ くらいの
長いおつき合いにしたいものだ‼️

と思ったのでした。。。


「補助化学療法として、1年間抗癌TS-1の服用をお薦めします。再発転移の予防に効果が上がってますから」とのこと。

「今すぐ決めなくてもいいですよ、ご自分でよく考えてからでも」と、
副作用の話しの後、TS-1の冊子を渡されましたが

「その抗癌剤を飲みます」と、
その場で決めて、処方箋をいただいて帰り

「5年間は癌患者」の生活がスタートしたのでした




にほんブログ村 料理ブログ 健康食へにほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply