大徳寺なっとう ≪京都:2010.4≫

TOSHIE

名前は有名だけれど、実際口にする機会はあまり無かったような?気がします。

偶然立ち寄った『本家 磯田』さんで、買ってみました。


『大徳寺なっとう』とは、いわゆるあの糸引きの納豆ではなく、

発酵させた大豆に、塩水を加えて馴染ませ、天日で干して、何度もかき混ぜては熟成させ、

自然乾燥させたものを粒にわけて、さらに乾燥させたもので、

夏場に半年近くの月日をかけて作られるそうです。

大徳寺の一休和尚(一休さんですね)の時代から続くものなのだとか。


大豆を発酵、保存のきく貴重なタンパク源として、精進料理はもとより旅の携帯食として、

今に受け継がれてきた……と聞くと、

八丁味噌を思い出してしまいますが、実際お味噌の固形…的な感じです。


お酒のおつまみにもいいし、お料理の味付けとして使うのもいいみたいですよ。

旅人になりたい ~ T's travel memories ~-201004-56-


『じゃこなっとう』は、お醤油系の味で煮たちりめんじゃこに『大徳寺なっとう』を混ぜ込んだもの

白いご飯に合います。

旅人になりたい ~ T's travel memories ~-201004-57-




旅人になりたい ~ T's travel memories ~-201004-59

大徳寺なっとう 小・80g入り 735円 

旅人になりたい ~ T's travel memories ~-201004-58

じゃこなっとう 950円 (90g入り)



旅人になりたい ~ T's travel memories ~-201004-52


場所は、大徳寺駐車場前、『泉仙』さんのお隣り。

関連記事
Posted byTOSHIE

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply